« 精進、精進 | トップページ | 作業中の飲み物 »

2006年6月 1日 (木)

刺繍いろいろ

今日は文化時代の友人二人とランチしたのですが、そのうちの一人が「ユリの仕事の資料になるかと思って」とKEITA MARUYAMA(丸山敬太)の刺繍を集めたミニ写真集を持って来てくれました。

KEITA MARUYAMAは基本的にプレタ(ポルテ)ですが、刺繍はミシン刺繍ばかりでなく手刺しのものも多く、色使いやステッチの伸びなど絶妙なバランスの素晴らしいものばかり。1ページ1ページなめるように見入ってしまいました。

丸山氏は文化出身ですから彼自身も刺繍はできますが、彼は刺繍だけではなくブランド全てを統括するデザイナーでもあります。ですから実際の刺繍はイメージをデザイン画で伝えられた刺繍スタッフが刺すわけですが、具現化するにはスタッフもそれなりのセンスと技術を要求されますね。というかセンスと技術が無ければ、丸山氏のイメージを表現しきれないでしょうね。 今の私はデザインも具現化するのも自分でやっているわけですが、まずはやはり表現力=技術を確立させなくては。いつか誰かにお願いすることがある(そんな日が来るのかどうか?ですが)にしても、自分ができなくては人にも指示はできませんから。

またぶらぶらと立ち寄ったお店では田川啓二氏のビーズバッグの本を見つけました。彼の、オートクチュールのイブニングドレスなどにびっしり施されたビーズ刺繍もいつ見ても、ためいきが出るほど素敵です。

あそこまでできなくても、とも思いつつ丸山氏と田川氏、二人の作品集をたっぷり見られて実り多い一日でした。

|

« 精進、精進 | トップページ | 作業中の飲み物 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 刺繍いろいろ:

« 精進、精進 | トップページ | 作業中の飲み物 »