« 立ち姿 | トップページ | モチーフレースのデザイン »

2006年8月31日 (木)

ドレス回りの小物類

ダンスドレスはたいてい、モダン(スタンダード)ドレスでもラテンドレスでも、袖のないデザインです。代わりに(というわけじゃないかもしれないけど)モダンドレスならグローブ、ラテンドレスなら石などの装飾を施したアームバンドやリストバンドをつけます。
その方がバランスが良いしやっぱり映えますものね。

なので、ドレス縫うのと一緒にそういった小物類も共布で作ることが殆どです。
二の腕まであるようなグローブはだいぶ慣れてきました。中指に引っ掛けるためのゴムをつけたりするのも。ラテンドレスではアーム&リストバンド。これは幅の違う平ゴムを共布でくるんでつくることが多いです。くるんだだけではのっぺりして地味ですが、ドレスと揃えてスワロなんかを散らすととても映えます。

そして最近、ぼちぼちあるのがバングルタイプのそれ。
バングル、とはいってもダンスのそれは、普段のアクセサリのようにリングの中で腕が泳ぐなんてことはなく、腕にぴったり、きついくらいにはめるようです。
バングルの丸みを出すために私は綿を入れてるのですが。この加減と言うかなんというか、が私にはまだまだ手ごわいのです(^^;)
今のままでも、クライアントさまやお客様からはOKを貰ってますが、私としてはなんとかもう少し、ころんとした可愛さは失わずでもスマートなものが作れないか、と試行錯誤しています。

しばらく納品に追われて家に篭ってたので、またリサーチも兼ねてドレスショップへ見に行ってこようかな?(^^;)

|

« 立ち姿 | トップページ | モチーフレースのデザイン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドレス回りの小物類:

« 立ち姿 | トップページ | モチーフレースのデザイン »